20歳前の傷病による障害基礎年金について

社会保険

今回は「学生でも20歳になれば障害基礎年金の請求ができます。」という話です。
20歳になる前までに初診日がある傷病20歳前の厚生年金加入中に初診日がある人を除く)についてザックリと解説をします。

通常の障害年金とは若干異なるルールがありますので、その点を中心に書いていきます。
では早速、若干異なるルールとは?
・「保険料納付要件」が問われない
・所得制限などの「制限がある」
・「障害基礎年金のみ」の請求になる

ということです。一つずつ確認していきます。

「保険料納付要件」が問われない

障害年金を受給するために必要な要件は原則3つあります。
1つは、初診日要件
2つめは、保険料納付要件
3つ目は、障害等級に該当しているかの要件 です。

1つめの「初診日」(初めてその傷病で医師・歯科医師の診療を受けた日)の証明は必要です。なお現在通っている病院(診断書を作成してもらう病院)と初診日の病院が同じであれば初診日の証明書(受診状況等証明書)は必要ありません。また、先天性の知的障害の初診日=出生日となっており、療育手帳の写しを初診日の証明として提出することができます。

2つめの「保険料納付要件」ですが、必要ありません。なぜなら、国民年金については20歳以降が強制加入となっています。「20歳前傷病」はその名の通り、初診日が20歳前になるので、国民年金の強制加入の前です。その為、保険料を納付すること自体できません。よって、「保険料を納付していなくても支給される福祉的な年金」となります。

3つめは「障害等級に該当しているか」という事になります。それは通常の障害年金と同じ考え方です。「20歳前の傷病」については、知的障害や発達障害の問い合わせが多いと感じますが、それらの傷病に限りません。化学物質過敏症や慢性疲労症候群なども対象になります。

所得制限などの「制限がある」

「所得制限など、通常の障害年金にはない制限」があります。
所得制限については、前年の本人の所得が4,721,000円を超える場合は年金の全額が支給停止となり、3,704,000円を超える場合は2分の1の年金額が支給停止となります。また扶養親族がいる場合などは上記の金額が異なってきます。

その他にも海外に居住している間は全額支給されないなどの制限があります。詳細は日本年金機構のHPをご確認ください。

「障害基礎年金のみ」の請求になる

厚生年金のような3級がないので、重症度としては高い方(1級か2級)のみが支給対象となります。
年金額は、基礎年金部分(R4年度の年金額:2級の場合は777,800円)となります。

手続きについて

【認定日請求する場合】
認定日とは、原則初診日から1年6か月を経った時点をいいます。
通常の認定日請求は、障害認定日以後3か月以内の診断書が必要になります。
しかし、20歳前障害による認定日請求には、20歳前後3か月以内の診断書が必要となり、通常の認定日請求より診断書が取得しやすくなると思います。なお、初診日が18歳6か月よりも後の場合は、1年6か月後の認定日が20歳を過ぎるので、20歳を過ぎた後にくる認定日前後3か月以内の診断書が必要になります。

【事後重症請求の場合】
認定日のあたりで、通院していなかったり、その時点では症状が軽くて障害等級に該当していない場合などは、症状が重くなった時点で、「事後重症請求」をすることができます。
事後重症請求は、請求月の翌月からの支給となります。

障害等級に該当しそうかどうかは主治医にご確認ください。

※上記情報はR4年7月現在のものです。法改正で内容が変更される可能性がある事をご留意ください。

にほんブログ村 病気ブログ 化学物質・電磁波過敏症へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました